2009年05月06日

おっぱいバレーっておっぱいでするバレーのことです。

池袋にて映画二連続。


▼グレンラガン螺厳編

テレビアニメより大変熱くなってます。

取り扱いには注意が必要です。


最終決戦がだいぶ変わりました。

なんだかロトの紋章の異魔神戦みたいな感じに…。

個人的にはヴィラルの●●●●が好きです。


すべてが気合いで片付くすごいアニメです。



▼ひぐらしのなく頃に誓

罪滅し編をベースにした劇場版ひぐらし第二弾。

前作よりもネタ度が減って、中途半端感が否めない。

主人公のセリフが原作に合わせすぎたせいか、微妙な感じ。

屋根の上の戦いも迫力がなかったなあ。

原作見ていない人(そんな奴いるのか?)にはちょっと煙に巻かれる感じ。




これからの映画

エヴァンゲリオン新劇場版破

ぐらいですかねえ?
posted by たきを at 21:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

GWはみちのくの旅へ

DSC03787.jpg


5月2日

夜行バスで仙台へ

本塩釜からフェリーで松島へ。

松島でレンタサイクル。

島めぐり。

夕方、仙台にて牛タン三昧。

やっぱり仙台の牛タンは厚みが違う。


5月3日

一ノ関へ。

観光バスにてスポットめぐり。

達谷窟やら毛越寺。

中尊寺を見学。

当日は藤原まつりで大混雑です。

けいび峡にて船下り。

駅弁を買って新幹線で帰宅です。


東北新幹線、一ノ関まではほとんど国盗り済みです。

今度は上越、秋田、山形、青森方面へ国盗りしたいです★
posted by たきを at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

ヤフオクって難しい

なかなか値がつかない…。

いらないフィギュアとか

クレーンゲームの景品とか

出しまっくってるのに。

売れるのはゲームとかCD、DVDの類ばかり。


ゲームとかって送料もお手軽だしねえ。

フィギュアは…なんか梱包するのも送料計算するのもめんどくさいし…。


クレーンでとったぬいぐるみなんかも

そろそろ処分したいなあ…。



やっぱヤフオクの醍醐味は

値が上がっていくのを見てることだよね。

そのために、あえて最初の値段を思いっきり下げると

どんどん値が上がる様子がわかって面白いですわ。



今はPSPのソフトを少しずつ手放しています。

500円スタートで1000円になりました。

ちなみに他の出品を見ると、このソフトの相場は1500〜3000円ぐらいです。


さーて、レアなアイテムでも探しに行こうかな…。

秋葉原へw
posted by たきを at 08:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

最近奇妙な名前があふれている

こんな興味深いニュースをみつけました。


ネーミングで、とりかえしのつかない一歩を踏み出さないために

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0904/24/news032.html



最近、よーわからん名前がたくさんあるとは思っていたけど


この記事読んだら、すげえなあ。

男の名前ですげえの

和源→わーげんくん
天使→みかえるくん
英雄→ひいろくん
強運→らっきいくん
沙風→さあふぁくん

女の子の名前

愛声→あのんちゃん
絆→はあとちゃん
樹里亜菜→じゅりあなちゃん
楓→はいじちゃん
美海→まりんちゃん


もう、こじつけ?

てか、なんかアキバ臭がすると思うのは俺だけ??


「名前ランキング2008」には、さらにこんな名前も…。


奏人→タクト、光舞→テルマ、月→ライト、獅人→レオト、大虎→タイガ、星穏→シオン、遥空→ハルク、琉煌→ルキヤ、怜音→レイン、瑠楓→ルカ、望来→ミライ、伶音→レノン、來夢→ラム、心暖→シノン、煌羅→キラ



完全に…

アニメとか、マンガの影響の気がするのは…

俺だけではない…

はず…。


「その昔、子どもの名前につけたい漢字の意味や読みには「こんな人になってほしい」という想いが託されていた。だから、幸・豊・仁・義・礼・智・信・直・博・貴・真・優・秀・良・和・美・清などが使用されていた。親なら誰もが願う、子どもたちへの想いが同じだったから、よく似た名前も多かった」

と記事ありますが

確かに俺らの友人も

これらの感じが使われている友人が多かったし

今仕事の相手である大学院生も、やっぱり上記の漢字が使わているのをたくさん見ますよね。


さて、気になるのはそのあとの記事。

「民宗研のサイトの『珍名にみる社会学』には、こんな記述がある。『凝った名前を付ける親は児童虐待しやすい』と。 」



あれ?

確かに…

児童虐待って

よくわからない名前…

多いような…



先日の聖香ちゃんとかも…??


これは



実に



興味深い…。
posted by たきを at 19:50| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

今朝新橋で痴漢!!

8時10分ごろ、俺はいつもの山手線を降りた。

ここは、新橋駅ホーム。

いつもと変わらない、いつもの通勤時間での出来事。

肌寒い朝に、あったかいコーヒーでも飲もうかと

そんなことを考えながら、ホームから日比谷口にむかう

階段を降りた。

その時、聞きなれない音が、ホームに響いた。

ブザー音のような、「ビー」という音。

俺も、いつもは聞かない音を聞き、

誰かが非常停止信号でも押したのかとぐらいに思って、

さほど気にもせず、人であふれた階段を少しずつ下っていった。

すると、後方より、30代前半ぐらいの体つきのいい男が

猛ダッシュでおれの横を通り過ぎ、

人の波をかき分け、階段を進んでいった。

何事かと思った。

こんな朝早くから、遅刻しそうなほど急いでいるのか。

と、思っていたら、

後ろから駅員さんが、マイクでこう叫んでいた。

「痴漢です!!」

とっさに俺は男を追跡している駅員さんに振り向き、

事態を把握した。

と同時に、俺の中の正義感が、目覚めだした。

ヤツヲツカマエロ!

チカンヲユルスナ!!

駅員さんを追い越し、俺は男に肉薄した。

朝のラッシュアワーで、逃げきれるとでも思っていたのだろうか。

ほどなくして、男は捕まった。

男は羽交い絞めにされながら、






「痴漢だったら何が悪い!」



「シンゴーシンゴー」





と叫んでいた…。






※途中からフィクションが混じってますが、痴漢があったことと逃げる男を目撃したのは事実ですヨ
posted by たきを at 08:49| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。