2006年05月03日

ゴールデンウィークT バスと渋滞と電車編

2日、11時東京駅よりオリオンツアーバス出発。

さすがに明日から皆さん連休の様子で、東京駅丸の内口には

さーて、久しぶりの夜行バスだ!
ゆっくり、まったり行きましょう!!

1時ごろ、足柄SAで休憩。
うん、順調ですな。
さすがに大学時代に頻繁に乗ってたから慣れたね。

もう熟睡眠い(睡眠)

さて、2回目の休憩です。
5時ごろ。

「みなさん、おはようございます。


浜名湖SA


に到着です。」





exclamation×2がく〜(落胆した顔)


浜名湖?浜松??
まだ??

いつもなら余裕で岐阜県入りしているのに…??!

浜松って行ったら、自転車で東海道駆け抜けたとき、ちょうど京都と東京の真ん中辺だよ??


7時ごろ、バスの乗務員からアナウンスが…。

「東名高速道路の事故とGWの渋滞のために到着が何時になるか分かりません。」




なにおう!!!

「急いでいる人は、新幹線の駅に寄りますから、新幹線を使ってください。」


はあ???




…考えが甘かった…。
いくらGWとはいえ、夜中に出発すれば平気だと思っていたのに…。

下手をすれば、2時3時を過ぎるかも…。
しかもこんな狭い車内で…がく〜(落胆した顔)
というわけで、ハマッコ・ノリ、チバリアン・トールと協議の結果、われわれもバスを降りることに…。


降ろされた駅は、新羽島
明らかに国会議員によって作られたっぽい新幹線の駅。



もちろん、そんなに急いでいるわけではないので、ここから鈍行です。


新羽島10:50
電車名鉄羽島新線(名鉄岐阜行)21分 \420
▼直通 待ち3分
笠松11:14
電車名鉄本線急行(名鉄岐阜行)5分
▼待ち14分
名鉄岐阜/岐阜11:33
電車東海道本線(東海)特別快速(大垣行)11分 \2940
▼待ち22分
大垣12:06
電車東海道本線(東海)(米原行)34分
▼待ち13分
米原12:53
電車東海道・山陽本線新快速(姫路行)80分

大阪14:13




全部で3360円!!
余計な出費だなあふらふら

仕方ないし…。


さて、大阪。
トールはミルク・エリナの元へ。
ノリは実家へ。
オレはランバー・フルタニの元へ。


ランバーの家に荷物を下ろし、軽くシャワーを浴びて、夜の飲み会に備える。

途中で、バンク・マツダと合流。

久しぶりの基礎演習の友達と飲み会だビール



みんな多種多様な道を進んだもんだ。
まあ、卒業から一月しかたっていないから、まだみんな全然変わらないな。

梅田で飲むのも大学時代で数回しかしてないさな。


さーて、明日は奈良に行ってきます手(グー)ぴかぴか(新しい)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ゴールデンウィークU 奈良と京都と金扇編

2日目。
今日は奈良に行ってきます手(チョキ)

大阪を7時30分ごろ出立くつ
環状線と関西本線を乗り継ぎ、法隆寺駅へ。


そう、目的地は、世界文化遺産日本第一号「法隆寺」

奈良に住んでいるサークルの友達を引っ張り出して、奈良観光ですわ。


ペンSTUDY!!
法隆寺(ほうりゅうじ) は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教寺院である。
かつては法相宗に属していたが、現在は「聖徳宗」を名乗る。
別名:斑鳩寺(いかるがでら)。
聖徳太子ゆかりの寺院であり、創建は同じく聖徳太子が創建に関わった大阪の四天王寺より約20年後の607年とされるが、確証はない。
金堂、五重塔などがある西院と、夢殿などのある東院に分かれる。
西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。
法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。


うわあ、法隆寺なんて中学校の修学旅行以来だよ…わーい(嬉しい顔)
あんときはまだ、日本史の「に」の字も知らないガキんちょだったけど、日本史をマスターした今となっては感動の一語に尽きる。
かっこいいなあ…黒ハート

DSCN2148.JPG

金堂(左)と五重塔(右)


てか、本当に修学旅行できたのか…?

記憶が全然蘇らん!

講堂、金堂とそれぞれにでっかい仏像がいて、もうありがたいのなんの。
御利益いっぱいよ。

聖霊院にて御朱印を授かる。

「以和為尊」


こ、これは、17条憲法の「和を以って尊しと為す」ってやつですか!
かっこいい…わーい(嬉しい顔)


納経のするため、般若心経を読み上げ、聖霊院を後にしようとしたら、



おおうあせあせ(飛び散る汗)



階段で滑ってしまった…。

ふ、不吉な…。


さて、法隆寺を後にして、移動。
ってか今日は暑いなあ…晴れ
バスで郡山に向かい、昼ごはん。

次に向かいますは「薬師寺」
近鉄に乗って西ノ京へ。

ペンSTUDY!!
薬師寺(やくしじ)は、奈良県奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山である。
南都七大寺のひとつに数えられる。
本尊は薬師如来、開基(創立者)は天武天皇である。
1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。


ここも修学旅行でいったんだけどなあ…バッド(下向き矢印)
なんか、お坊さんのお話聞いたのと、やたら赤かったのを覚えているが…。

確かにキレイなお寺。

DSCN2162.JPG

東塔


お坊さんが、言葉巧みに商売?をしていました。
写経の営業。

一巻2000円か…。高い…。
ダイソーの100円のヤツでいいやあ…。


ここも広い広い。
全部廻るだけで疲れましたわ。


そうそう、特別公開で見てきました。

国宝「吉祥天女像」!


わあ、日本史の資料集に載っていたものと同じだあ…黒ハート
仏画のような美人画のような、素敵な絵です。

天女像の前にお守りが置いてある。
「吉祥美人になれるお守り」ですって。


でも、昔の人の美人って…。その、今と感覚が…。
とつっこんでいたら、係りの人が、「中身が美人になれる」とこじつけてくれました。



三蔵法師、玄奘の足跡をたどる「大唐西域壁画殿」の特別公開もしていました。
でっかい画面に映る大陸の風景…。

ちょっとした世界旅行した錯覚に陥れますよグッド(上向き矢印)



薬師寺を後にして、近くにある「唐招提寺」に向かう。

…が、しかーし!!


国宝の金堂は修理中!
さらに国宝の薬師如来像も奈良国立博物館に移動!
さらにさらに国宝・鑑真像はコンピューターグラフィックで再現!!




…いいや。また今度で…。


さあて、後輩と別れてから、近鉄線に乗って京都へ。

今日の寝床、バイトの後輩、アスリート・ヨシノリ宅に(堀川下立売)


駅から遠いなあ…ダッシュ(走り出すさま)




荷物を預けて、同志社の親友、クワトロ・ノノコ大尉に会いに行くダッシュ(走り出すさま)

バイト先に久しぶり…といっても一ヶ月ぶりだね、に行く。


三条寺町のおすし屋さん「金扇」です。
もう、社会人となったため、値段を気にせずにたべるぞー!!


…まあ、基本的に魚、嫌いなんだけどねたらーっ(汗)


大学のときのように、ノノコ大尉とゲーセン荒らし。
最近リラックマが取れないなあ…ふらふら

河原町蛸薬師のジャンカラ行ってきました。
そうそう、ここは最近、プレミアムルームとかいう、豪華な部屋が最近できました。
もちろんかなりの割高。

うん、俺らはスタンダードで…。

「これが若さか…」


UGAでした。
うーん。
曲数が多くても、やっぱりDAM派だなあ。オレは…。

のん、選曲、渋すぎ…いい気分(温泉)


さーて、歌いまくったので撤退します!!


河原町からがんばって徒歩でヨシノリ宅へ!




…熟睡眠い(睡眠)

明日の昼間は巡礼に行こーっと。
posted by たきを at 00:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

ゴールデンウィークW 梅田と心斎橋と焼酎編

4日目。

2泊させてもらったレオパレス・ヨッシーともお別れ。


堀川下立売で市バスに乗り、四条河原町へ。

四条河原町から、阪急京都線の特急を利用し、梅田へ。

河原町から阪急に乗るのは初めて黒ハート
初体験ですな揺れるハート

いつも西院からだからねえ…。


今日は梅田で2時から大学の友達とカラオケカラオケ


私は12時ごろに梅田に着いたので、大荷物をロッカーにしまい、地下鉄御堂筋線にのって、心斎橋へ。


うーん、やっぱり休日の心斎橋は混んでいますねえ…。

商店街をうろうろして、見つけました。


道頓堀!

DSCN2214.JPG

道頓堀グリコ



看板がでっかいなあ…。
さすが大阪、スケールがちがうさ〜わーい(嬉しい顔)

さて、夏服を買って、集合場所の梅田、BIGMANに向かう電車


トール、エリナ、ノリの3人を仲間にして、梅田のジャンカラへ。

昼料金なのに、結構高いなあ。
さすが大阪!!

さて、4人で4時間の持久戦!
一人1時間の計算だあああ!!!


今日もまたしてもUGA
もういいって、UGAは…。

ノリ氏、憤慨して、DAMに変えろーとの交渉。

何でもDAMだと予約で4時間ぐらい待つらしい…がく〜(落胆した顔)


だったら、最初からDAM増やしておけよ…。





4時間後、ランバー・フルタニが合流。

とりあえず回転すしでおなかを膨らませて、飲み屋へ。



おおっ!焼酎の安い店を発見!!

弁天東店というお店。

焼酎の種類が90種以上
しかも低価格!(150円〜)
さらに畳の個室!!


すげえ!こりゃ便利さね。
それぞれ焼酎と一品料理は枝豆、たこわさのみ!

なんて客だ!!


かぼちゃ焼酎と干し芋焼酎は面白かった。

…うまいかどうかは別としてたらーっ(汗)


さて、今日は藤井寺のノリ氏でお泊りです。

明日はいよいよ東京へ。


やっぱり新幹線混むだろうなあ…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

気がつけば毎月京都に行ってる。

ただいま京都から帰宅しました〜。

なんか、大学生活みたいな休日を過ごせました手(チョキ)
…まあ当然だけどね。

さて、とりあえず今日は、金曜から土曜までの流れを記事にします。
どうせ明日は何も書くことないから、日曜の記事は明日書きます。

よろしかったら、今日と明日をあわせて御購読ください。



さて、話は金曜日にさかのぼるバッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)

研修も終わり、早々に家に帰宅。
京都行きの準備をまったくしていないので、さっさと準備。

するとTールくんから着信履歴が…phone toがく〜(落胆した顔)

えー、どうしたの?

「彼女を東京駅で待っているが、暇だから来い」って、そう言いたいのか、アンタはぁぁぁ!!!(シン風)


というわけで、予定よりかなり早くに家を出発あせあせ(飛び散る汗)

東京駅でTールくんの時間つぶしに付き合う。

笑笑での飲み…1400円



…これで、今週は月曜以外すべて飲みに行ったことになるな…。
か、金がねええええええ!!



さて、東京駅でEリナさんと久しぶりに御対面

…かと思いきや、こっちも夜行バスの時間があるので、そうそうにお別れもうやだ〜(悲しい顔)

中央線で一路新宿手(グー)


新宿から、夜行バスにて京都へ。
もう、夜行バスなんて慣れ慣れだよ。
余裕余裕るんるん

「見せてもらおうか…、格安バスの寝つきの悪さというものを!」

新宿からの夜行バス…4500円




「気がつけばそこには京都駅が写っていた…」(ミーア風)


夜行バスで疲れているが、疲れを癒すわが家はもうない。
仕方ない、ここは京都タワーの温泉に行くしかないな。

京都タワーの温泉…750円



身も心もすっきりぴかぴか(新しい)
9時すぎに高校の友達と再会。

そう、今回の京都の目的はあくまで「自転車の奪還」

自転車はこの友達に貸していた(預かっていた?あげていた?)ので、鍵を返してもらうことに。

久しぶりの再会なので、ついでに京都観光。

岡崎公園にある「京都国立近代美術館」へ。

DSCN2560.JPG


大人1300円。
大学生900円。

学生証を返還していないので、コレを使って、学生と偽ろうとしたけど、係員の人が、じっくり丹念に調べやがる。

「期限切れてますよ〜」

がーんがく〜(落胆した顔)

仕方ないので、正規の値段で…。


美術館で「藤田嗣冶展」というのを観賞。


いつも仏画とか水墨画とかは好んで見るけど、西洋風の絵画を見るのは久しぶり黒ハート
戦争画とか、めっちゃリアルで怖かったし…がく〜(落胆した顔)



岡崎公園を後にして、市バスにのって北大路バスターミナルへ。
友達と別れ、単身地下鉄烏丸線にのって松ヶ崎電車


松ヶ崎にある宝ヶ池自転車保管所に自転車が撤去されているというので、わざわざ宝ヶ池まで…。

自転車保管代…2300円


てか、宝ヶ池ってかなり北のほう…。
戻るのめんどーいちっ(怒った顔)

しかも今日はものすっごいあっついしなあ…バッド(下向き矢印)
もう汗だくあせあせ(飛び散る汗)


今度は大学の友達Kさんと合流。
大学時代のように自転車で京都を駆け抜けるダッシュ(走り出すさま)

まず行ったのが上賀茂神社

DSCN2587.JPG

世界遺産。拝観料もかからないし!

【由緒・歴史】
神代の昔、本社の北北西にある、秀峰神山(こうやま)[右図]に御降臨になり、天武天皇の御代(678)、現在の社殿の基が造営されました。
本殿御鎮座以後も広く庶民の信仰を集め、皇室の御崇敬は歴代にわたり、行幸啓は枚挙にいとまなく、国家の重大時には必ず奉幣、御祈願がありました。
嵯峨天皇は御杖代(みつえしろ)として皇女有智子(うちこ)内親王を斎王(さいおう)と定め、その制度は以来三十五代、約四百年続きました。
『延喜式』では名神大社(みょうじんたいしゃ)に列し、のち山城国一ノ宮(やましろのくにいちのみや)として尊崇されました。
又、摂関賀茂詣、武家の社参が相次ぎ、特に徳川家は家紋の三ツ葉葵が、当神社の神紋二葉葵[右下図]に由来するところから、特に信仰を寄せていました。
明治以降終戦まで官幣大社(かんぺいたいしゃ)として伊勢の神宮に次ぐ、全国神社の筆頭に位しました。
(http://kamigamojinja.jp/frame.html)



さて、上賀茂から加茂川を下って下鴨神社の方へ。

途中、鴨川に入ってちょっと水遊びしておきました。
記念にね。


DSCN2648.JPG

下鴨神社


糺の森(ただすのもり)とか、めっちゃ緑に囲まれている。

そういえば、緑に囲まれるのも久しぶり。
パソコンばっかりの生活だったからなあ…。

やっぱ京都っていいなあ…黒ハート


さて、自転車を同志社大学に保管してもらって(わーい(嬉しい顔))地下鉄で京都へ。

京都からJRで大阪へ。

JRの交通費往復…1080円



ヨドバシカメラマルチメディアウメダで、FッターとTみちゃんと合流。
オムライスをくって夕食とする。

ポムの木…800円



そのまま、ひさしぶりにカラオケに。
Tみちゃんが最近TMにはまっているというので、TM攻め。
あと「応援団」の曲も(笑)

ジャンボカラオケ…1700円



Fッターは、先月もお世話になりました。

今月もよろしくお願いします。
来月もたぶんお願いします。




てーれっててってってってーるんるん
(ドラクエの宿屋のSE)



…つづく。
posted by たきを at 23:08| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

週末の京都・相国寺編。

さて、日曜の朝。梅田から出発。

JRで京都へ戻り、荷物を預け、地下鉄で同志社ダッシュ(走り出すさま)

友達との約束の時間までまだあるので、近くにある相国寺の参拝へ。


DSCN2683.JPG

相国寺・総門


相国寺はよく来たけど、あんまりちゃんと拝観していない。
自転車の通り道的な意味合いが強かったからなあ…たらーっ(汗)

そういった意味ではとても妙心寺に似ているなあ…バッド(下向き矢印)

相国寺、足利義満が10年の歳月を費やして創建した臨済宗相国寺派の大本山
ちなみに、かの有名な金閣寺銀閣寺も臨済宗相国寺派。

夢窓疎石を勧請開山として、その高弟の春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が第2世となって入寺。五山の上位に列せられる。

その後、応仁の乱など、度重なる兵火により、堂宇は灰燼に帰したが、禅宗行政の中心地として多くの高僧を輩出し、室町時代の禅文化に貢献した。

豊臣秀頼が寄進した法堂は仏殿を兼ね、法堂の遺構として最古かつ最大の規模を誇る。
内部の鏡天井(天井がちょっと歪曲している)に描かれる竜、蟠竜図は、狩野光信筆で、音に共鳴する鳴き竜として知られている。

DSCN2676.JPG

相国寺・法堂



実は法堂は特別なときでないと公開していない。
今回は偶然公開していたので、入ってみることに…手(グー)ぴかぴか(新しい)

天井の鳴き竜には圧巻。
まさしく言葉をなくすぐらいの迫力。
めっちゃでっかいし!!わーい(嬉しい顔)
この竜は八方にらみの竜で、360度、全てを睨んでいる。
お堂をぐるっと廻ったけど、本当にどこから見ても睨んでいる。

鳴き竜の体験もしました。
竜の真下で拍手を打つと、本当に「鳴り響く」。

ブルブルブルブルー(長音記号1)って感じ。
…うまく文章では表現できないので、実際にやってみてくださいたらーっ(汗)


DSCN2681.JPG

相国寺・方丈


「あーあ、京都に来てよかったあ。」
と本気で思った瞬間。

すっごい緑の豊富さと、何よりも静けさがいい。
時間がないからゆっくりできなかったけど、本当にまったりできると思う。

空にビルとかマンションとかが写らない。
見えるのは青い空と山々のみ。

ごみごみした東京とは大違いだなあ。

DSCN2675.JPG

相国寺・経堂




さて、今回から、狭く深く京都を紹介していこうと思います。
まあ、どうせそのうち飽きるだろうけどね。

とりあえず次回は本能寺です。

ではでは手(チョキ)
posted by たきを at 20:58| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

週末の京都・本能寺編。

相国寺を後にして、烏丸御池で同志社の友達、Aやかと合流。

今日の目標は本能寺延暦寺織田信長ツアー

というわけで、さっそく寺町御池にある本能寺へ。



DSCN2689.JPG


本能寺。
法華宗の本山。日隆が油小路高辻に創建した本応寺が前進。
天文法華の乱で焼失後、中興。
1582年(天正10年)に明智光秀織田信長を自刃に追いやった本能寺の変で再び焼失したが、同20年には豊臣秀吉の転地命令で現在の位置に移転。
本堂裏には織田信長、側近の森蘭丸、その他の家臣の供養塔がある。



本能寺の前って、よく通るんだけど、あんまり中に入った記憶はないなあ…。
ま、「本能寺の変」で有名だから、知名度は高いと思うけど、
実際の本能寺は焼けてしまったわけであり、あんまり面白くない寺だとおもう…。
個人的には…。


DSCN2692.JPG

信長公廟



実は6月2日は本能寺の変のあった日。
明智光秀の謀反を記念して(?)、6月3日と4日は「信長まつり」なるものが催されていた。


DSCN2694.JPG

本能寺前



いつもはひっそりしている境内が、屋台やらで賑わっている。
本堂の前にも特設会場が設けられているし。
けっこう盛り上がっているなあ。

そういえば、大河ドラマで「功名が辻」をやっているんだっけ?
どおりでたくさんの人がいるわけだなあ。

さて、寺町をウロウロしていると、なにやら聞きなれた音楽が…るんるん


ん、信長の行列が寺町どおりを闊歩しているではないか!


DSCN2699.JPG

寺町通り



なんか、もうあれだね。
ちっさい「時代祭り」って感じだね。


寺でパンフをもらったんだけど、結構色々なイベントが盛りだくさん。

囲碁大会とか御茶とかやっているみたい。

一番目を引いたのが

「忍者ショー」


なになに…(以下パンフ抜粋)

伊賀流のしのびの術を伝える"黒党(くろんど)"の忍者ショーも本能寺の「信長祭り」ですっかりおなじみ。

(…いやいや知らんしたらーっ(汗)

今年も黒党の熱演が6月2日(土)午後から本堂前ステージでくりひろげられます。

(終わってるやんたらーっ(汗)

手裏剣・殺陣(たて)・目つぶしの術をはじめとして九字護身法・しのび装束の紹介・二丁鎌登術・生け捕り術などなど…(以下略)

(な、見てみたかった…。目つぶしの術??)



ま、たのしそうでなによりです…たらーっ(汗)

さ、次は比叡山、延暦寺へ向かいます。
叡山電鉄に乗るため、出町柳へ向かいましょう手(グー)ぴかぴか(新しい)
posted by たきを at 22:23| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

週末の京都・延暦寺編。

比叡山延暦寺。
日本において、知らない人はいないと思うけど…。

大学生のときに、あまりの交通の不便さから行くことがありませんでした。

ま、世界遺産なので、一度は行っておかないとね黒ハート


比叡山ってぐらいだから、もちろん交通手段は叡山電鉄
出町柳に自転車を止めて、一路「八瀬比叡山口」へ。

うーん、山奥は空気がきれいで気持ちいいなあるんるん
しかし、ここから延暦寺に行くためには、さらに「ケーブルカー」と「ロープウエイ」を乗り継がなくてはならない。
あな、なんと険しき山なことか…。

ケーブルカーの出発まで時間があったので、高野川で水遊び。
さすがに鴨川の遥か上流だけあって、ものすごく水がきれいぴかぴか(新しい)

DSCN2716.JPG

八瀬・高野川


水着着て泳ぐ若者を見てうらやましく思う…。
あーあ、青い春だねえ…もうやだ〜(悲しい顔)

さて、40度はあるんじゃないかという傾斜面をケーブルカーが走るグッド(上向き矢印)
ちょ…怖いんですけど…たらーっ(汗)


比叡駅に到着。
今度はロープウェイです!

…どうも、私はロープウエイが苦手。
怖い。
だってロープ一本でつないでいるんですよ!!
落ちるかどうか不安で不安で…あせあせ(飛び散る汗)


比叡山頂に到着。


DSCN2727.JPG


気温がちょうどいい。
涼しい…。
さて、歩いて延暦寺へ向かおうとするも、さらに徒歩30分


流石にやってられないから、シャトルバスを利用。



到着。
延暦寺東塔エリアです。

延暦寺は伝教大師最澄が薬師堂(現在の根本中堂)を創建したのが始まり。
最澄の没後、戒壇院(僧侶に戒律を授ける場所)が設けられ、延暦寺となる。

延暦寺は、比叡山内の3地区、東塔、西塔、横川(よかわ)に建つ諸堂の総称。

今回はそのうちの東塔のみを拝観。
いや…ていうか、広すぎて全部見れないしあせあせ(飛び散る汗)

とてもじゃないけど、一日で見るのは困難!
こんなに広いとは…。
まさしく、通常のお寺の3倍の広さ…。


DSCN2730.JPG

大講堂


バスターミナルから歩いて、まず見えるのがここ。
大講堂。
僧侶が勉強するところ。
比叡山で修行して、1宗の開祖となった法然、親鸞、栄西、道元、日蓮などの等身大の尊像があります。


DSCN2735.JPG

根本中堂(国宝)


さらに歩いて見えてくるのが、国宝・根本中堂。
ここが延暦寺の総本堂。
最澄自作の薬師如来像を祀る。
「不滅の法灯」が開創以来1200年間消えることなく灯り続いている。
火が消えないように「油を断たないようにする」ということで、「油断」という言葉できた。
ちなみに、ここを取り囲む回廊も同時代の建築で重要文化財。

DSCN2744.JPG

阿弥陀堂(手前)と東塔(奥)


阿弥陀堂は比叡山開創1150年を記念して立てられた。
滅罪回向の道場で、本尊に阿弥陀如来を祀る。
東塔は正式には「法華総寺院東塔」。
伝教大師が日本全国6ヶ所に建立した宝塔を総括する。



まだ西塔エリアと横川エリアがあるんですが、バスで行かねばならないうえに、時間もないから、行くのは断念。

代わりに宝物殿で不動明王などを観賞。

気がつけばバスは最終を残すのみに…。


比叡山、やはり一筋縄ではいかないようだ…あせあせ(飛び散る汗)
posted by たきを at 20:56| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

「ムーンライトながら」だけに、何かし「ながら」京都へ向かおう。

これから京都へ向かいます。

三連休ですから。

祇園祭ですから。


できたら青春18切符を使いたかったけど、まだ時期ぢゃないのね…。

しかたないから、伝説の夜行電車「ムーンライトながら」で京都へ向かいます。


祇園祭のピークがちょうど連休と重なるとはね…。

これを行かずに日本人を語れまい…。



新しいデジカメが轟き叫ぶぜい!!



そろそろ支度も終わったので、京都へ向かいます。



お土産が欲しい方はこちらに書き込んでください。

抽選で10名様にお土産を買ってくるかもしれない気配です。


posted by たきを at 21:25| 京都 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

奇跡の三連休。祇園祭・宵々山編。

先週はいろいろと忙しかったので、報告が遅れました。

先週の14日〜17日まで、日本三大祭、京都・祇園祭に行ってきたりする。

京都の祭りってのは、伝統を重んじているのか、日にちでやるのよ。

だから、葵祭りは5月15日。時代祭りは10月22日って、決まっているのよ。

そのへん、江戸の祭りは柔軟で、「15日に近い土日」とかに祭りをやるんだけどね。
…まあ、そうせんと人が来ないんだろうが…。

祇園祭りの主な見所は14〜16日の宵山。
17日の山鉾巡行。
24日の神幸祭。


そのうちの宵山と山鉾巡行が連休とかぶっていたことは、まさに僥倖。
こんなチャンスは7年に一回?



さて、14日。
ムーンライトながらにのって、一路大垣へ。
チケットを一月前からとっていたから
「1号車1列目B席」というとんでもないところへ…。


ムーンライトながらの最大の弱点は大垣での場所取り。
これにしくじることは旅をしくじることと同義。


手前の駅から、準備を厳かに進める…。
1号車の後のドアに回り込み、虎視眈々とダッシュの準備。


「おおがき〜、おおがき〜」




プシュー(ドア開閉音)




「いまだーーー!!!」

幸運にも、乗り換えに使う階段は目の前に!

うおおおおおおおおおお!!!



…余裕で上等な席をゲットしました手(チョキ)



さて、米原で新快速に乗り換えて、一路京都へ電車ダッシュ(走り出すさま)



京都に到着。
朝の8時40分です。

とりあえず、京都タワーの下の風呂に直行。



うわあ、やっぱり祇園祭だからか人がいっぱいさ〜たらーっ(汗)



ふー気持ちのいい風呂さいい気分(温泉)


さて、こんなに朝早くについても、京都の友達がかまってくれるはずもなく…。

と、偶然会社の同期のSっぴー氏が同じく京都についていて、友達を待っているってんで、スタバで時間つぶし喫茶店



9時45分、地下鉄にのって、烏丸御池へ。

ジャック・アヤーカと合流。
室町通りを闊歩しましょう黒ハート


祇園祭中は、あちこちで山鉾が立ち並ぶ。
その山鉾にのぼったり、山鉾に飾る装飾品などを見て楽しみます。

世界の美術館ともいわれるように、シルクロードから伝わってきた、異国情緒あふれるタペストリーなどをみることができます。

実は32基ある山鉾には、それぞれ朱印がおいてあります。
去年もやったけど、今年も朱印集めに奔走しましょう手(グー)ぴかぴか(新しい)

黒主山から、鯉山、山伏山、菊水鉾と巡っていきました。

DSCF0315.JPG

岩戸山



祇園祭のときは、京都の長屋にはいる唯一無二の機会。
「鰻の寝床」と比喩されるように、本当に奥行きがあります。



午後、ジャック・アヤーカと別れて、大学の友達と合流。

トール・オカムラと
ミルキー・エリーナです。

四条河原町のカラオケ館で4時間ぐらいカラオケ三昧カラオケ

途中から、バンク・マツダも合流。
なつかしの旧友ですわ。

今日はひたすらラルクを歌いましょうるんるん


6時、とりあえず4人で八坂神社を目指しますダッシュ(走り出すさま)

…と雨が降ってきやがったがく〜(落胆した顔)


雨の中、歩行者天国となった四条通を東へ進むダッシュ(走り出すさま)


八坂神社、さすがにすっげー人。

お参りに長蛇の列。
初詣かよ…たらーっ(汗)


御朱印をもらい、たこやきを食べました黒ハート


さて、ここでちゃぼと合流。
さらに四条大橋でやぶ、けいちゃんと合流。

懐かしい面々が揃いました。



さて、今日という日、居酒屋なんてどこもいっぱいです。

ウロウロしていたら、ふと気がつきました。

ビアガーデンは…ビール


そう、さっきまでの雨はもう止みましたグッド(上向き矢印)
今なら空いているんじゃないかしら…?


というわけで、高島屋のビアガーデンに!!

うん、結構空いてるね黒ハート



久しぶりに8クラの人々とのみのみです。

途中からいっちゃんも合流し、みんなでワイワイですさるんるんるんるん




10時ごろ、今日の寝床、ランバー・フルタニのいる梅田に向かいます電車
posted by たきを at 16:47| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

奇跡の三連休。祇園祭・宵山編。

京都2日目。

16日は宵山です。

宵山は、山鉾巡行の前夜で、各山鉾には灯がともり、祇園囃子が流れる中、鉾や山に乗ることができるのである。

幔幕を張った家々では、代々伝わる屏風などを見せるため、屏風祭ともいわれ、祇園祭の違った楽しみが味わえる。



…というものの、日曜の宵山なんて、人が多くて動けなくなるのは明白。

そんなわけで、昼間に山鉾を巡る、これ、賢い。



10時ごろランバー・フルタニ家から出発。
阪急京都線の特急で烏丸駅へ。


四条烏丸から北上し、孟宗山占出山橋弁慶山浄妙山と巡る。



ん、雨の気配…雨

昨日買った傘は、持って歩くのうざいから、フルタニ家においてきたのに…がく〜(落胆した顔)

さて、大垣書店前に止めていた自転車に跨り、保昌山へ。

荷物が邪魔だから、大学のときのバイト先に預けてもらい、烏丸御池へ。


あ、雨が降ってきた…がく〜(落胆した顔)

新風館に自転車を止め、近くのコンビにで傘を購入小雨

大学の友達、モラトリアム・オガミと共に、祇園囃子の中へ…。


今日は新町通りと中心に御朱印集め。

鯉山で最後でした手(グー)



…と、三時ごろ夕立がふらふら

近くの車庫みたいなところで雨宿り。

雷もなってるし…もうやだ〜(悲しい顔)




雨も上がり、バイト先へ引き返す。

寿司食って、でっかいスティッチーをゲットして、八坂神社へ行きましょうるんるん


八坂についたら、また激しい雨が降ってきた…もうやだ〜(悲しい顔)


俺ってば晴れ男なのに…↓↓



9時ごろ、一人ぼっちに。

今日泊まるとこもないから、オールナイトサウナへ…ダッシュ(走り出すさま)


前に、京都から東京に帰ったときに、こういうサウナを利用しまっくったなあ…。

3000円ぐらいで一泊できるし、温泉は入れるし、ま、いっか。


連休でしかも祇園祭なのに、ここは空いているなあ…わーい(嬉しい顔)

客層が祇園祭と縁のない人たちなんだろうな…たらーっ(汗)
posted by たきを at 21:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。