2004年10月18日

『黒い雨』 井伏鱒二

広島原爆の話。
原爆後の悲惨な状態を日記に書く重松。描写が生々しい。
っていうか、日記の部分とほかの人の日記と、そうでない部分が紛らわしい!

けっこう長かったな…。
次はヘミングウエイの『老人と海』を読みます。

posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

『金閣寺』三島由紀夫

1950年の金閣寺放火事件の犯人の僧侶のお話。


三島由紀夫の文章はどうもなじめない…。
以前も『仮面の告白』を読んだが、いまいち気に入らなかった。


てか金閣寺燃やすなよ。貴重な文化財を…むかっ(怒り)

これをよんでから、変質者がまたこのようなことを仕出かさないか不安になる。
この犯人は自分の為に金閣寺を燃やしやがったが、本当にいい迷惑だよ。

銀閣寺とかほかの世界遺産もいつか燃えるなり倒壊するなりしてなくなるのでしょうか…がく〜(落胆した顔)
posted by たきを at 10:58| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

白石 昌則『生協の白石さん』

生協のブックセンターをウロウロしていたら、以前友達から聞いていた「白石さん」なる者の本を発見。


かるうい気持ちで立ち読みしてみる。



要望「はがねの剣、100本





ぶふうわーい(嬉しい顔)
立ち読みなのに、笑ってしまったたらーっ(汗)
さらにその回答に…



「銃刀法違反だからやめましょう」

みたいなことを冷静につっこんでいる…。


爆笑わーい(嬉しい顔)



しかたないから、買ってしまいました。







「牛置いて」に大爆笑。


その次のページの「うしおいて」で追い討ち。





ひさしぶりに腹がよじれるほど笑いましたわーい(嬉しい顔)
posted by たきを at 20:53| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

勇気の話【ネタバレあり】

さきほど読み終わりました。
宮部みゆきの『ブレイブ・ストーリー』

映画の予告を見て、おもしろそうだと思ったので、

小説を読んでみる事にしました。

上中下と、かなりのボリューム。

上は先月末に東京〜名古屋〜大阪〜東京を18切符で移動したときに読んでいました。


なんか、話に聞いてたのと違う。
ぜんぜんファンタジーな話が出てこない…。

むしろ、どろどろした現代的な家族の崩壊していく様がありありと…。

上の殆どは主人公の「ワタル」が旅に出る契機を物語る。

にしても、分量多いような…。
全体の4分の1ぐらいあるよ。


中では、ワタルが幻界を冒険していく様が述べてある。

小樽から新潟行きのフェリーの中でずっと読んでました。

こうして読んでいくと、まるでRPGを小説にしたみたいな感じだな。
小説でここまでファンタジーを書くとは。

でも、作者の言わんとしていることは、「絆」とか「友情」とか、そんな感じに集約されるんじゃないかな…??


さて、下巻。

もう、続きが気になって、一気に読んでしまいました。

もうRPGにつきものの、「魔族の封印」。
もちろん封印は解かれてしまい、絶体絶命のピンチ!

…と王道中の王道を行くストーリー展開。

宝玉を集め、願いをかなえてもらうべく「運命の塔」を目指す。


全体的にベタベタな話です。
でも、引き込まれるのはなぜかしら?


ミツルの最期だけは意外でした。

てっきりワタルと闘うものだと…。



なんか、心がほっとする、いい小説でした。


映画も是非見たくなってきました…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by たきを at 00:14| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。