2009年04月25日

最近奇妙な名前があふれている

こんな興味深いニュースをみつけました。


ネーミングで、とりかえしのつかない一歩を踏み出さないために

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0904/24/news032.html



最近、よーわからん名前がたくさんあるとは思っていたけど


この記事読んだら、すげえなあ。

男の名前ですげえの

和源→わーげんくん
天使→みかえるくん
英雄→ひいろくん
強運→らっきいくん
沙風→さあふぁくん

女の子の名前

愛声→あのんちゃん
絆→はあとちゃん
樹里亜菜→じゅりあなちゃん
楓→はいじちゃん
美海→まりんちゃん


もう、こじつけ?

てか、なんかアキバ臭がすると思うのは俺だけ??


「名前ランキング2008」には、さらにこんな名前も…。


奏人→タクト、光舞→テルマ、月→ライト、獅人→レオト、大虎→タイガ、星穏→シオン、遥空→ハルク、琉煌→ルキヤ、怜音→レイン、瑠楓→ルカ、望来→ミライ、伶音→レノン、來夢→ラム、心暖→シノン、煌羅→キラ



完全に…

アニメとか、マンガの影響の気がするのは…

俺だけではない…

はず…。


「その昔、子どもの名前につけたい漢字の意味や読みには「こんな人になってほしい」という想いが託されていた。だから、幸・豊・仁・義・礼・智・信・直・博・貴・真・優・秀・良・和・美・清などが使用されていた。親なら誰もが願う、子どもたちへの想いが同じだったから、よく似た名前も多かった」

と記事ありますが

確かに俺らの友人も

これらの感じが使われている友人が多かったし

今仕事の相手である大学院生も、やっぱり上記の漢字が使わているのをたくさん見ますよね。


さて、気になるのはそのあとの記事。

「民宗研のサイトの『珍名にみる社会学』には、こんな記述がある。『凝った名前を付ける親は児童虐待しやすい』と。 」



あれ?

確かに…

児童虐待って

よくわからない名前…

多いような…



先日の聖香ちゃんとかも…??


これは



実に



興味深い…。
posted by たきを at 19:50| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
DQNネームはかなり前から熱いね。
mixiでコミュがあるくらい(笑)
衝撃!イラネームとかだったかな??
子供はペットじゃないし、成長してくんですよーて言いたいです。
大人になって名刺交換とかするんですよー。
噂では名前で落とす人事がいるとかいないとか。
光宙 ピカチュウくーん
Posted by meme at 2009年04月26日 16:23
そして予言しよう!!
近い未来、改名ブームが起こることを!!
Posted by meme at 2009年04月26日 16:24
>めめ
DQNネームっていうのか。
調べてみたら、まとめサイトがありました。

すげえな…。
最近の親は…。

子供、ぐれるよ…。
Posted by takio at 2009年04月27日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。