2009年03月07日

小松川は小松菜がとれるだけじゃなくて、推薦願書もとれるらしい。

<都立小松川高>教員ミスで推薦願書出し忘れ 受験できず
3月7日15時1分配信 毎日新聞



 東京都江戸川区の都立小松川高校(江見悦子校長、844人)の教員が、都内の有名私立大学の推薦入試を受ける予定だった3年生の女子生徒の願書を出し忘れ、生徒は推薦入試を受験できなかった。この私大が第1志望だったため、同校は個別指導をして一般入試を受験させたが、不合格になった。

 同校によると、女子生徒は昨年10月24日、この私大の「指定校推薦」制度で受験するために願書を担当教員に提出した。締め切り日の2日前の11月4日、担当教員は他の2人の生徒から同じ大学の願書を受け取ったが、女子生徒の分だけ忘れて2人分を大学へ送った。

 11月末の試験日3日前になっても受験票が届かないため、女子生徒が学校側に確認して送付ミスが分かった。校長や担当教員、生徒の保護者らが大学側に事情を説明したが、受験は認められなかった。結果を聞いた女子生徒は涙を流したという。

 同校は大学入試センター試験の際には、校内のマニュアルに沿って複数の教員で願書の出し忘れがないかチェックしていた。だが、指定校推薦の願書についてはマニュアルがなく、担当教員が1人で作業をした。

 推薦入試は面接だけで、女子生徒は一般入試向けの特別な対策はしていなかった。このため同校は12月から、個別指導し、この私大の1〜2月の一般入試を受験させたが合格できなかった。別の大学は合格しているという。

 指定校推薦は、過去に優秀な生徒を送り出してきた高校などを対象に、大学が推薦入試枠を与える制度。高校側が普段の成績や出席日数などを考慮し、校内選考を経て推薦するため合格率は高い。同校では今年度、指定校推薦制度で14大学を計18人が受験し、全員合格した

 江見校長は「落ち度は完全に学校側にある。大変申し訳ない。マニュアルを作って今後は二度とこのようなことがないようにしたい」と話している。【三木陽介】





あーあ。

どっかで聞いたことあると思ったら、

俺の母校じゃねえか!!!

懐かしいなこの野郎!!

いや、それよりも…

女子高生カワイソス…。

なにやってんだよ、教諭!!

てか誰だよ?!

名前出せよ!!!!!


そいつは社会的に抹殺ですよ。

女子高生のきっと浪人するんだろうな…。

1年を返してやれ!!!


そういえば、おれも一浪したな。

まさか…。

↑いいがかり



そういえば3年前の教育実習の時から

友人がここの教諭に○○ハラされたらしいし、

本当に、残念です。



てか、悔しいです!!
posted by たきを at 21:25| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悔しいです!(同調)

この女子高生は優秀な娘らしく、
他の某有名私立大学を一般受験で受かってるらしいけど…
どうしたんだか。
ほんと不憫でならないです。
損害賠償もんです。
Posted by メメ at 2009年03月07日 23:36
>メメ
先生の実名公表きぼんぬ。
いまごろ小松川ではお祭り騒ぎだ…。
Posted by たきを at 2009年03月09日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115292363
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。