2005年11月25日

やっぱ奈良はいいねえ。ロマンがあるよ。

快晴晴れ

本日は明日香へ霊場廻り兼観光。


京都駅から近鉄に乗り、飛鳥駅へ。


駅前のレンタサイクルを借り、一路西国6番、壺坂寺へ。



途中の県道、最悪がく〜(落胆した顔)

道が狭い上に、ガタガター(長音記号1)
何回死ぬかと思ったか…たらーっ(汗)


途中でハイキングコースを通るため、自転車を放置。
歩いて1時間弱で到着exclamation×2

DSCN1885.JPG



ひろーいわーい(嬉しい顔)
眺めもよーいわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


ここは目に関する寺らしくて、眼鏡観音とか、目薬とか、でっかい眼鏡とかいろいろあったよ…。

石造やら仏像もたくさんあって、かなり楽しい寺でした手(チョキ)ぴかぴか(新しい)



さて、12時ごろ飛鳥駅に戻る。

次の目的地は西国7番岡寺



途中、夢にまで見た「高松塚古墳」を見学わーい(嬉しい顔)


…入れないし、なんか基地みたいになってるよたらーっ(汗)


高松塚古墳の資料館にて、壁画の鑑賞目

なんか、なまじ本物見るよりもレプリカのほうがいいなあもうやだ〜(悲しい顔)



さて、岡寺へダッシュ(走り出すさま)

ここは厄除けで有名な寺みたい。
厄除け的なものがいろいろありましたひらめき


納経を済ませ、これで33箇所の残りは4箇所だーー!!パンチ




岡寺の近くにある「石舞台古墳」をついでに見学。

DSCN1902.JPG



写真でしか見たことないから、興奮ちっ(怒った顔)
しかも中に入れる!!

…なんにもないけどさたらーっ(汗)



さて、次は「談山神社」を目指そう!!

…と思って、近くの人に聞いたら、山を2つ越えないといけないらしい…。


なんだよ、このイラストマップ(レンタサイクル屋でもらったやつね)むかっ(怒り)


「それでも!!回りたいお寺があるんだああ!!」


仕方ないので、近くの「飛鳥寺」へ。

有名な寺だから四天王寺のようにでっかい寺かと思ったら、あら目

でも有名な釈迦如来像は見ましたよ。

DSCN1903.JPG


寺の人が「撮影してもいいですよー」って言ったので、激写カメラぴかぴか(新しい)

珍しいな…。



さて、もう行くところないので、橿原神宮へ行って見ましょダッシュ(走り出すさま)



…広いたらーっ(汗)

めっちゃ広い!!!

平安神宮よりも一回り広い感じ。

すっげーなあわーい(嬉しい顔)



橿原神宮前駅にレンタサイクルを乗り捨て(+200円むかっ(怒り))、京都へ帰りましょ電車
posted by たきを at 11:13| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

仁和寺って近いけど世界遺産ですよ、みなさん。

突如の休講。

手持ち無沙汰になってしまったので、巡礼に行こう!!


御室八十八箇所ダッシュ(走り出すさま)


ペンstudy!!
仁和寺の北裏、成就山一帯にある霊場めぐり。
1827年(文政10)、仁和寺29世門跡済仁が、寺侍に命じて四国八十八カ所霊場の砂を持ち帰らせ開いた。
お堂や巡拝路が整備され、市街地が一望できる。
約3キロ、2時間。
市バス御室仁和寺600メートル。




さて、自転車で妙心寺を抜け、仁和寺へ。

ペンstudy!!
真言宗御室派総本山。
886年(仁和2)、光孝天皇の勅願により創建、888年(仁和4)に完成。
年号を寺名とした。
宇多天皇が落髪入寺し寺内に御室(御座所)を設け、御室御所と呼ばれた。
以後、明治まで代々法親王が門跡となり門跡寺院の筆頭にあった。
堂塔伽藍は応仁の乱(1467-77)で多くを焼失、寛永年間(1624-44)に再興した。
二王門(重文)は徳川家光の寄進。
金堂(国宝)は御所紫宸殿を移築。
御影堂(重文)も旧清涼殿の材を用いて建立した。
霊宝館には、阿弥陀三尊像(国宝)、孔雀明王像(国宝)、弘法大師の真筆蒔絵箱入三十帖冊子(国宝)など多くの寺宝を陳列。
遅咲きの‘御室桜’は有名で名勝。
本坊(旧御室御所御殿)の御所風たたずまい、豪華な障壁画が見事。
1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。
ホームページ http://www.ninnaji.or.jp



ここも紅葉が意外と綺麗だった揺れるハート

DSCN1847.JPG



さて、山登りあせあせ(飛び散る汗)

八十八箇所は祠ではなくて、きちんとお堂がたっている…わーい(嬉しい顔)

最初の5つぐらいはきちんと合掌したけど、めんどくさくなったし…ふらふら


健脚振りを発揮。約1時間30分でゴールexclamation×2


途中、幼稚園児が「ハイハイハイ!」と叫んでいたよ…。
レギュラー人気ですねたらーっ(汗)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

バイトもたまにはいいもんだ。

本日はバイトで奇跡の連続。


予約客のキャンセル。
…まあ、店的にはあかんけど、バイト的にはラッキー手(チョキ)ぴかぴか(新しい)


お客様からクリスマスプレゼント(早っ)
ガンダムSEEDの最新作のゲーム
おおい、いいのかよ、もらってるんるんるんるん


バイト上がりには、エクアドルジュースまでいただくグッド(上向き矢印)



わーい、さっそく帰ってプレイだー!!



ってか寺町通りがクリスマス仕様になっている。
綺麗だけど、綺麗だけど…もうやだ〜(悲しい顔)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

市バスって紛らわしいんだよね。200系統で乗り間違えたよ…。

さて、東京からの友達の斉藤氏の京都最終日。

市バスに乗って東の方へいってみましょ黒ハート


はうあexclamation×2


203系統に乗るつもりが205系統に乗ってしまいましたバス

今出川河原町で乗り換えましょ。


まずは平安神宮へ。


ペンSTUDY!!
平安遷都1100年祭(1895年・明治28)に市民の総社として創建。
桓武孝明両天皇を祀る。
平安京大内裏の正庁を模した応天門大極殿など朱塗りの建築が美しい。
神苑(名勝)は約3万平方メートルの池泉回遊式庭園で、東、中、西、南の4苑にわかれ、それぞれの四季の花が見事。
10月22日の時代祭行列は豪華な風俗絵巻。
建立:1895(明治28)年


やっぱ、いいね平安神宮。
ひろーい揺れるハート


さて、そのまま、歩いて南禅寺へ。

(途中動物園によったが定休日たらーっ(汗)もうやだ〜(悲しい顔)



ペンSTUDY!!
臨済宗南禅寺派の本山。
1291年(正応4)亀山上皇の離宮を賜り、無関普門(大明国師)が開山。
室町時代は隆盛を極め、「五山之上」に列せられた。
応仁の乱で焼失した伽藍を‘黒衣の宰相’といわれた以心崇伝によって復興。
境内には勅使門、三門、法堂、方丈の伽藍が一直線に、その周辺に12の塔頭が並ぶ。
三門(重文)は、藤堂高虎の寄進。
方丈(国宝)は、大方丈と小方丈に分かれ、大方丈は御所清涼殿を、小方丈は、伏見城殿舎を移築したと伝えられる。
小方丈の襖絵、狩野探幽筆「水呑の虎」は名高い。
大方丈の前庭(名勝)は小堀遠州作の「虎の子渡し」と呼ばれ、江戸初期の代表的な枯山水庭園として知られる。
建立:1291(正応4)年



南禅寺、紅葉が綺麗るんるん

三門に上って景色を堪能しました。



さーて、色々みたので、哲学の道へいきましょうかダッシュ(走り出すさま)


ペンSTUDY!!
哲学の道、このアカデミックな名前に魅せられてここを訪れた人も多いことであろう。
この道は若王子橋より銀閣寺橋に至る疏水沿いの小径をいい、西田幾多郎河上肇などの哲学者がしばしばこの道を散策し、思索をめぐらしたことからこう名付けられた。
この道が最も華やかになるのは、何といっても四月初旬の桜の咲くころである。
約500本のソメイヨシノに道全体がおおわれ、あたかも桜のトンネルの中を歩いているように感じられる。
桜が散った後、新緑さえわたる道を歩くのも爽快な気分になる。
紅葉で赤く染められた秋の道や、落ちついた冬枯れの道を歩くのもたいへん情緒深い。
少し歩き疲れたら、沿道の喫茶店やお店に寄るのもいい。
哲学の道沿いには洒落た喫茶店がいろいろあり、そこで清らかな流れを見ていると、歩き疲れた足もいえる。
また、メルヘンチックな小物を売っているお店も数店あり、特に若い女性の人気を集めているようだ。
また、この道の近くには、南禅寺、永観堂、法然院、安楽寺、銀閣寺、白沙村荘などの寺院、施設があり、それらの文化財や庭園を観賞しながら散策できるのも哲学の道の魅力の一つである。
哲学の道は、老若男女を問わず、一人でもカップルでもグループでも楽しめる小径として、人々に親しまれている。


哲学の道、桜は確かにきれいだけど、紅葉は…。
まあ、いつの季節でも気分よく散歩できるので、気持ちがよいですけどね。


途中で、よーじやカフェ(銀閣寺店)なるものに来店。
どうみても、普通の家の改造じゃ…がく〜(落胆した顔)


さて、銀閣寺道に到着。
疲れたのでさっさとバスで円町へバス


5時ごろ斉藤氏、帰宅。

6時からバイト。



がく〜(落胆した顔)
超忙しいしあせあせ(飛び散る汗)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

一週間で3回金閣寺に行きました。金閣寺マニアの称号をください。

昨晩のカラオケオールから帰宅。

本日は高校の先輩の大石様の帰宅日。


渡月橋が見たいということでしたが、私、先週も先々週も嵐山に行きましたので、2人で行かせました。


3時ごろ合流。
金閣寺へ向かいます電車


人が多いし…がく〜(落胆した顔)


車とかバスとかで、渋滞になってますよ車(セダン)バス車(セダン)バス


さて、金閣寺。

西日が金閣寺を照らす…ぴかぴか(新しい)
外人さんが「シャイニング!!」と叫んでいました手(グー)


ふくろSTUDY!!
臨済宗相国寺派。
1397年(応永4)足利義満が営んだ山荘を寺にした。
金閣は宝形造りの三層殿閣で、1950年(昭和25)放火で焼け、1955年(昭和30)再建。
池泉回遊式庭園(特別名勝・特別史跡)。
萩の違い棚と南天の床柱で有名な茶室夕佳亭(せっかてい)がある。
1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。
建立:1397年(応永4年)



金閣寺…。
こないだブッシュに会うために2度ほどきたんですけどね。

お土産の抹茶団子が美味しかった手(チョキ)



さて、時間があるので、北野天満宮へいきましょ黒ハート

おおう、バスの待ち、大行列あせあせ(飛び散る汗)
本当に秋って観光客が増えるなあたらーっ(汗)


ペンSTUDY!!
天神さん─菅原道真公を祀る。
創祀は(天暦元)947年で、朝廷、幕府の崇敬もあつく、寺子屋の普及とともに全国に分社ができた。
いまも受験生に人気のある学問の神様。
本殿、拝殿(国宝)は豊臣秀頼公が再建、八棟造りの屋根が典雅な桃山建築だ。
境内はの名所で2月25日梅花祭
毎月25日は縁日で、宝物殿の社宝がこの日に限り公開される。
但し10名以上の団体であれば特別公開も可能。
雨天閉館。
創建:947(天歴元)年



天満宮でお参りをして、大石氏は一路東京へ向かうのでした。
posted by たきを at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

家なき子2 「今夜はカラオケだ!」編

今日は立命館大学の学園祭。
そして私は雅楽会の演奏でするんるん

4回の私がでるのは異例ですけど、私、2回の時に雅楽を始めたので、実質3年生なんです。
だからええやんわーい(嬉しい顔)手(チョキ)


って感じで、ピューピュー吹きましたよ。

DSCN1741.JPG


今年の場所は諒友館の地下。
正直、お客さんが来るか心配でしたが、あらら、沢山いらっしゃったわるんるん


就活やらで1回の部員と触れ合う機会がありませんでしたが、おかげさまで、色々知り合えましたわ黒ハート


来週の永観堂に向けて、がんばりまーす。
posted by たきを at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雅楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

家なき子1 「同情するなら寝床くれ」編

東京から友達が上洛。

高校の旧友と、教育実習で仲良くしてもらった先輩さん。


夜行バスでいらっしゃったので、朝早くに到着。

3連鎖で俺も早起き。



本日の観光は「貴船・鞍馬」

出町柳に向かい、叡山電鉄の「ええきっぷ」(1000円)を購入手(グー)

さあ、いくぜ!!たらーっ(汗)



電車

電車ダッシュ(走り出すさま)

電車ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


貴船口到着。


山奥…。空気がうまいやわーい(嬉しい顔)
すっかり紅葉も綺麗だよ。

修学旅行生もいる…。
こんな山奥にくるなんて、なんてセンスの持ち主だパンチ




歩いて2`ほどで、貴船神社に到着。

ペンSTUDY!!
奈良朝時代以前の創建と伝える古社。
水の神「たかおかみの神」を祀り、歴朝はじめ現在も農漁業、醸造業者らの信仰が厚い。
社殿は1055年(天喜3)上流から移されたという。
旧社殿跡に奥宮がある。
水清く老杉繁る京の避暑地。
6月1日は「貴船祭」。
この日はみこしが氏子社中を練る。
もともとイタドリが繁る時期に行われ、イタドリ採り競争をしたといわれることからイタドリ祭ともいう。
また、奥宮では船形石の周囲を子供たちが「おせんどんどん」と唱えて千度参る「千度詣」がある。



DSCN1664.JPG


貴船で紅葉を満喫わーい(嬉しい顔)

さーて、山道を通って鞍馬へ向かおう!


ペンSTUDY!!
鞍馬は鞍馬寺の門前町として、また丹波若狭との交通の要衝として古くから開けた所であり、昔ながらのたたずまいを残す町並みには、名物木の芽煮を煮しめる香りが漂う。
鞍馬寺は町の中ほど、鞍馬街道に面した仁王門から始まる。
そこから、‘鞍馬の火祭’で知られる鞍馬の鎮守社由岐神社へは徒歩15分。
割拝殿から本殿へと進み、直接お参りすることができる。
お参りのあと九十九折参道を登ること15分で鞍馬寺本殿金堂へ到着する。
金堂には‘尊天’として三身が祀られており、鞍馬山の信仰の中心となっている。
鞍馬山霊宝館から貴船へと鞍馬山を越える道を木の根道という。
その途中には当山で修行を積んだ源義経が、16 歳のとき、山に名残を惜しんで背をくらべた‘背くらべ石’や義経を祀る‘義経堂’などの遺跡が残っている。
魔王堂からの急な下りが終ると西門へ出、貴船川のせせらぎが聞こえてくる。
橋を渡り、旅館の建ち並ぶ道をさらに進むと、朱色の鳥居と参道が目にとび込んでくる。
その奥には、水への信仰の厚い貴船神社の社殿が鎮座している。
古くからの貴船川の流れとともに、由緒ある歴史を感じさせてくれる。
鞍馬から貴船への道は、そんな歴史を感じさせ、なおも、四季おりおりの趣ある情緒をみせてくれる京都洛北の道といえる。



まあ、我々は貴船から鞍馬に向かいましたけどねたらーっ(汗)


2時間弱歩いて、鞍馬街道にでるあせあせ(飛び散る汗)



DSCN1704.JPG



由岐神社とか鞍馬寺の金堂とか、カッコよかったし黒ハート



鞍馬温泉にて、ぼったくられて、鞍馬山下山。


叡山電鉄に紅葉の道というのがあって、そこを通るとき
電車内を真っ暗にして、外のライトアップされた紅葉を見ることができまするんるん

粋な計らいとはこのことですわハートたち(複数ハート)


出町柳に戻り、清水寺のライトアップを見に行く。


DSCN1722.JPG



ものすごい人がいっぱいや…がく〜(落胆した顔)

紅葉は正直まだ微妙だったけど、普通に綺麗だったよ。
朱塗りの建物とか、清水の舞台とかさ。

胎内めぐりで生まれ変わりました。


ペンSTUDY!!
北法相宗の本山。
西国観音霊場三十三カ所第16番札所
778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。
音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。
現在の主な堂塔は、1633年(寛永10)徳川家光の再建。
清水の舞台’で知られる本堂(国宝)は寄せ棟造り、檜皮葺、寝殿造り風の優美な建築で、十一面千手観音立像を安置。
舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔(重文)がある。
ほかに仁王門、馬駐(うまとどめ)、鐘楼、西門(さいもん)、三重塔、経堂、田村堂、轟門、朝倉堂、釈迦堂、阿弥陀堂、奥の院など重文指定の建造物がいらかを連ねる。
1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。
建立:現本堂1633(寛永10)年再建 創建798(延暦17)年、平安時代初



さて、私の家は6畳という大豪邸なので、3人も寝れません。
っていうか、布団がありません




というわけで、今宵はかずみくんのお世話になりました家
posted by たきを at 11:33| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

「ブッシュ、ファイト!!」「レディー!!」「ゴー!」

今日こそはブッシュを追い詰める!ちっ(怒った顔)


午前中は首脳会談らしいから、きっと観光は午後だ!

いや、その裏をかいて、実は午前中かも?!

いやいや、さらにその裏の裏をかいて、午前と午後の間の微妙な時間かも?!




…よし、11時にいってみようダッシュ(走り出すさま)





警備が通常に戻っているがく〜(落胆した顔)



完全にしくじった…。



あきらめて帰宅しましたもうやだ〜(悲しい顔)
posted by たきを at 18:00| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

「ブッシュ!お前は俺の…」

ついに本日ブッシュ来日ちっ(怒った顔)


おそらく、一生で一番、ブッシュとの物理的距離が近くなる瞬間です!



よーし、迎え撃つぞ手(グー)手(グー)手(グー)



まずは、金閣寺にて待機。
ブッシュさんが観光に来るという噂を聞いたため、待ち伏せ。

おお!!警備が「通常の三倍」
…っぽい。


これは確実にくるわな…。


20分後。


タクシーの運転手の会話が聞こえてきた。

「ここに明日ブッシュがくるんだよ。」





がく〜(落胆した顔)exclamation×2




ブッシュは明日か!!
仕方ない「京都御所」に移動だ!!!




…警備は厳重だが気配を感じない…もうやだ〜(悲しい顔)


梨木神社で参拝のふりして御所で待機。

警官が声をかけてきたので退却あせあせ(飛び散る汗)ダッシュ(走り出すさま)



くっそー。今日はあきらめるか…たらーっ(汗)




その後、大覚寺に行ってまいりました。

よく動く男だ…たらーっ(汗)


ペンSTUDY!!
真言宗大覚寺派大本山。
嵯峨天皇の離宮跡を876年(貞観18年)寺に改めた。
歴代法親王が住持された門跡寺院で、嵯峨御所といわれた。
書院造の正寝殿(重文)には御座所があり、狩野山楽の墨絵などの障壁画。
宸殿(重文)は徳川2代将軍秀忠の娘東福門院和子が女御御所の宸殿として使用していたもので、狩野山楽筆牡丹図・紅白梅図などがあり、重厚な伽藍と多くの文化財を所蔵。
また、嵯峨天皇をはじめ後光厳・後花園・後奈良・正親町・光格の各天皇ご写経が勅封心経として奉祀されており、心経の本山、写経の道場として心経信仰が盛んに行われている。
境内の東側に広がる大沢池は、中国の洞庭湖を模して造られ、華道の礎となり、嵯峨御流の総司所として知られている。
平安時代の林泉式庭園で、桜や楓の季節もよい、観月の名所でもある。
建立:876年
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

やっぱり、紅葉って年々遅くなっているよね?温暖化の影響かしら??

本日は上官ののん大佐と京都をニシヘヒガシヘ行ったりきたり。

まずは、嵐山

今日は「嵐山もみじ祭り」なので、行ってみた。

もみじ祭りなのに、紅葉は結構微妙たらーっ(汗)


桂川に雅な船を浮かべ楽しむのがこの「もみじ祭り」。
きっと昔はこの時期でも紅葉がきれいだったんだんだよなあ…ダッシュ(走り出すさま)

そういえば、城南宮の「曲水の宴」のときも紅葉、全然だったし!


SSCN1616.JPG

平安管弦船



せっかくだから、天竜寺にも立ち寄ろう!!
紅葉、見ごろらしいし!

SSCN1615.JPG



ペンSTUDY!!
臨済宗天龍寺派の大本山。
足利尊氏後醍醐天皇の霊を慰めるため、1339年(暦応2)夢窓国師を開山として創建。
室町時代には京都五山の第一位を占めた。
たびたびの火災で創建当時の壮大な面影はとどめていない。
現在の諸堂は明治になって再建された。方丈には藤原時代の釈迦如来坐像(重文)を安置。
多宝殿は吉野朝の紫宸殿を模して建てた。
当時の原型を残す曹源池庭園は亀山や嵐山を借景にした池泉廻遊式で、夢窓国師の作庭といわれる。
日本で最初に史跡・特別名勝に指定され1994年(平成6)12月には「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。
建立:1339(暦応2)年
平成9年(1997年)加山又造画伯によって法堂(特別拝観)の天井に「雲龍図」が描かれた。


ほほう、確かに紅葉見ごろじゃハートたち(複数ハート)
愚民どももたくさん押し寄せておるわわーい(嬉しい顔)

てか、みんな「紅葉を見に来ている」というよりは
「紅葉を写真に撮りに来ている」ように感じる。
紅葉をゆっくり愛でるのではなく、写真にとって「さあ、次行こうぜ」見たいな感じ。
なんと貧しい心なんだ…。
みんな「物」にこだわりすぎだよね。
物として残すのでなく、心の奥底に残しておくからこそ「風情」なのではないですかね。
ま、かくいう私も写真とりまくっている貧しい人間ですから、人のことは言えないけどね…がく〜(落胆した顔)(駄目だコイツたらーっ(汗)




さて、嵐山を抜け出して、御池三条バス
新京極のMOVIXで「ZガンダムU」を鑑賞じゃ!!


ん、群馬県警のパトカーを発見目
ブッシュ上洛に備えて、日本全国の警察が集結しているのか…がく〜(落胆した顔)



さて、「ZガンダムU恋人たち」のレビュー
・まあ、展開は早いわな…。あっという間に話が進む。
・マウアーの扱いなんか酷いよ…たらーっ(汗)全然ジェリドとの絡みがないんだもんなあ。
・サラの声優、演技下手。
・フォウ、あっさり死にすぎじゃない?ファーストのミハルを意識しているような死に方。
・カミーユ、プレイボーイっぷりが目立つ…。テレビ版のときは気にならなかったのに…。
・最後のアクシズ合流が、重々しくてよかった。印象に残った。ハマーン専用ガザCもかっこいいし。
・エンディングテーマのガクトもまたよかったよ。
・やっぱり新画と旧画のギャップが激しすぎるよ…。
・まともなのはヘンケンの純情だけだよ。
・何故かエマが可愛かった…。
・クワトロがちょっと弱弱しくない?いろんな意味で。「私だって独り身さ…」



帰りにゲーセンのクレーンゲームでHG「ゼータガンダム」をゲットわーい(嬉しい顔)
さすが、ゼータ効果だ!すげえ!!









でも、これすでに持っているんだよねえもうやだ〜(悲しい顔)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。