2005年07月31日

あたごクエストV そしてご利益へ

「おきなさい。おきなさい わたしの かわいい たきおや……。」



「おはよう たきお。 もう よるですよ。
 きょうは とても たいせつなひ。
 たきおが さんかいめの あたごやまに いくひ だったで しょ。
 このひのために おまえを ゆうかんな おとこのこ として そだてたつもりです。」

「さあ かあさんに ついて いらっしゃい。」

「ここから まっすぐいくと あたごやま です。
 かみさまに ちゃんと あいさつ するのですよ。 さあ いってらっしゃい。」



ルイーダの店
「ここは ルイーダのみせ。
 たびびとたちが なかまをもとめて あつまる であいと わかれの さかばよ。
 なにを おのぞみかしら?」

→なかまをくわえる

「だれを なかまに くわえるの?」

→のん

「のんを なかまに くわえるのね。 わかったわ。
 のんさーん! たきおさんが およびよー!」

「ほかにごようは?」

→やめる

「じゃ また いらしてね。」




あたごやまが あらわれた!
あたごやまは こちらが みがまえるまえに こうげきしてきた!
あたごやまは きゅうなしゃめんを みちにした!
たきおには こうかが なかった!
のんは へばっている!

あたごやまは いしだんを みちにした!
たきおは つかれている!
のんは マヒして うごけない!

たきおは きゅうけいを した!
たきおの たいりょくが かいふくした!
のんの たいりょくが かいふくした!

たきおたちは あたごさんを のぼりきった!










「たきお よ! よくぞ せんにちまいりを はたした! こころから れいを いうぞ!
 このくにに あさが きたのも すべて そなたの はたらきの おかげじゃ!
 たきお よ! そなたこそ まことの ゆうしゃ!
 そなたに このくにに つたわる まことの ゆうしゃの あかし ご利益のしょうごうを あたえよう!
 たきお いや ゆうしゃご利益よ!
 そなたのことは ご利益のでんせつとして えいえんに かたりつがれてゆくであろう!」
posted by たきを at 00:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

阪急電車での旅→総持寺、中山寺

さてさて、洛陽霊場巡りは今日は中止。
本日は西国三十三箇所の方に言ってきます手(パー)
(俺は寺に行くしかやることないのか…たらーっ(汗))

本日は同志社ののん氏をパーティに加え、阪急電車でお寺巡り。

まずは手短なところで、阪急総持寺駅の近くにある第22番総持寺へ。
烏丸の大丸の駐輪場にけったを預け、大阪へ進む…。



総持寺駅に到着。


…静かだ。
車の音どころか、蝉の鳴き声すら聞こえない…。

活気、というか生活感みたいなものがまったく感じられない…。
大阪、といっても梅田や難波のように人がワイワイいるところだけではないのだな…。

そういえば、滋賀県も同じように「静寂」を感じる。


駅から少し歩いたところで、総持寺に到着。

…なんか中途半端に近代的。
手を禊する水が自動だし、納経場もきれいな建物だし…。

亀の恩返し?とやらで有名らしい。
池には亀だらけ。
無類の亀好きな私としてはたまらないっす黒ハート


総持寺を後にし、次の第23番「勝尾寺」を目指すため「茨木駅」へダッシュ(走り出すさま)

しかし、勝尾へは道のりはかなり困難。
めんどくさいので却下。

第24番「中山寺」に進路変更。
再び阪急にのり、中山駅を目指す電車




駅からすぐ目の前に中山寺がありました。

うーん、整備されていてきれいなお寺。
エスカレーターとか、エレベーターとかも完備。

すげえ…。


このお寺は総持寺の時と違い活気がある…。
結構高いところにあるらしく、瀬戸内海も見渡せるとか…exclamation×2


古代日本史の重要単語である「横穴式石室」
この寺にありました。

初横穴式石室体験ハートたち(複数ハート)


お参りを済ませ、気がつけば兵庫県。
河原町まで510円目


思えば遠くへ来たものだ…たらーっ(汗)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

久しぶりな清水さん。

さて、今日も憎らしいぐらいの晴天晴れ
すっかり肌も浅黒くなったわいふらふら

今日も洛陽三十三霊場参りにいってまいります。

第7番、長楽寺
八坂神社の裏あたりにあるお寺。
結構坂道がしんどいたらーっ(汗)
んで、ついたと思ったら…


木曜休館日


ですって。

がびーんがく〜(落胆した顔)


第九番、青龍寺
ねねの道らへんにあるお寺。
でも、この辺にお寺なんかあったかな〜と調べていくと…。

ありました目
って、普通の民家じゃん!!
インターホン押さなきゃだめかなあ…。

第十番、清水寺善光寺堂
清水坂の上りきったところにポツンとある。
ここから十四番まで全部清水寺内なんだよな…あせあせ(飛び散る汗)

第十一番、清水寺奥の院
第十二番、清水寺本堂
第十三番、清水寺朝倉堂
第十四番、清水寺泰産寺

清水寺に入るのは久しぶりだな。
去年の春以来か??

今までの霊場と違って人が多いな…。
当然だけどたらーっ(汗)

どの観音様も見ることはできなかったけど、まあ仕方あるまいて…。


第十五番、六波羅蜜寺
清水からすぐにある。
空也像とかで有名なお寺。

町の真ん中にひっそりとあるんだなあ…。

霊場巡りしていると、普段なら絶対行かないような寺とか道とか使うから、結構新しい発見がある。
ま、道にも迷うけどね…いい気分(温泉)


第十六番、仲源寺
今日は朱印もらいまくり。
せっかく六波羅蜜寺まできたんだから、近くの仲源寺まで来てしまった…。

ここは南座のとなりあたり。
祇園の町にひっそりと佇んでいました。

今日は動きすぎたので、もう帰宅します。




おまけ
ズギ薬局(円町店)で偶然、島根がえりのヤブヒロがいました。
ヤブヒロとブリーチ大会。
久しぶりに黒以外の髪の毛を手に入れました。
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

炎天下の洛陽めぐり

もはや日課となりつつあるお寺めぐり。
本日は洛陽三十三霊場の第5番「新長谷寺(真妙堂)」と第六番「金戒光明寺(黒谷)」

クソ暑い中自転車で平安神宮の方まで足を伸ばす晴れ

丸太町通りをひたすらに東に進み、白川通りを北上。
先に黒谷さんが見つかったので、お参りに。

けっこうな山奥。天辺に上ると京都市内がよく見える。
寺自体もかなり大きく、蓮の花などがきれいに咲いていました。

吉備観音様にご挨拶をしてから、次のお寺を探す。




今度はほっそい道をウネウネすすんで見つけました、新長谷寺。
なぜか学生が境内で勉強をしている…。
京大生かな??

蝉がうるさくなる中、お参り。


帰りは今出川通りを使って、京大前→同志社大前を経由して帰宅。

あっちーぜ!!
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

般若心経を買った。

六角堂で買ったんですけど、どうやって読むんですか??
写経もしてみたいけど、どうやってやるんですか??

最近、納経帳に、納経してないことに気がつき、経を納めたいんですけど。


てなわけで、大垣書店三条烏丸店で「巡礼・遍路がわかる辞典」を購入。
せっかく巡礼しているんだから、ちょっと本格的にやろうかしら。
posted by たきを at 19:56| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

UGA、UGA、カラオケUGA♪

カラオケというのは不思議なもので、行かないときは本当にいかない。
でも、一度行くと、これでもか、ってくらい行く機会が増える。

2月〜6月中まではまったくカラオケに行かなかったのに、6月末に行って以来、頻繁に行ってる…。(まあ、週に一回程度ですけどたらーっ(汗))

さて、今日はジャンカラ三条河原町店。

ジャンカラは昼に行くと、安いしフリードリンクもあるので、かなりお得るんるん
※ただし三条河原町のジャンカラは、無理やりボックスにしたみたいな部屋が多いからお勧めはできない。今回も、絶対元物置だよ〜みたいな部屋でした。
ジャンカラは京劇店が客が少ないし広いのでお勧めグッド(上向き矢印)


大体DAMなんだけど、はじめてUGAのカラオケ。
あのCM、気持ち悪いから嫌いだけど、まあモノは試しだ。

感想、採点機能がくるっとる。
まず98点しかでない。
がんばって?96点とか97点とか…。

なんでだああ??!!



やっぱりDAMだね!って感じでした。
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祇園祭 花傘巡行編「坊やだからさ…」

本多氏が祇園祭で「子供御輿」なるもののボランティアをやるということで、記念に便乗してみました。

「子供御輿」という名前からして、近所の小さい行事か?みたいなことを考えていた。
あれ?でも24日って、花傘巡行という行事があるではないか?(BY・京都新聞祇園祭特集号)
時間も一致しているし、これと関係があるのかしら…??



さて、当日。
8時に六角高倉にある「高倉小学校」に集合。
張本人の本多氏とそのカレシ的存在な岡村氏と合流。

ハッピをお借りして、着替える。
うーん…何十年ぶりだ??


9時ごろに八坂神社に向かって歩き始める。
我々も小学生の子供がウロウロしないように、見張りながらついていく。

大学で「いじられキャラ」な私ですが、クソガキども小学生にも「いじられ」る…。

「これが若さか…」


30分ほどして八坂さんに到着。

おいおいおい、人がイパーイね。
どうやら、この子供御輿というのは花傘巡行の戦闘集団先頭集団らしい。
子供の武者がいたり、貴族的な稚児がいたり…。

鎧、着てみてええ…。

八坂で日の丸の扇子をいただく。

hanagasdatooru.jpg

あとで気がついたんだけど、パプワくんだ!この扇子!
トオル氏が心の中で「んばば」といったかどうかは不明。


hanagasayaaka.jpg

KBS京都のカメラマンさんとツーショット?な私です。


出発は10時。
八坂神社の前で驚くべき光景!

人がイパーイ!!
は、恥ずかしい…。

我々の任務は子供の支援。
扇子で扇ぎながら、「わしょーい、わしょーい」の掛け声。
※正確には「わっしょい、わっしょい」


八坂さんを出発し、四条通りを進む。
河原町通りを北上し(ここは見物客が少なかった)、御池通りを進む。
寺町通りに入り(バイト先のご家族にご挨拶)、四条通に戻り、再び八坂神社へ。


mikositeramati.jpg

寺町を御輿が通る図



hanagasa.jpg

休憩中、糞餓鬼可愛い小学生と戯れるトオル氏。

hanagasakaeri.jpg

八坂神社到着。


まったく、最近の小学生は恐ろしい。
俺のこと「セクハラ」「ストーカー」呼ばわりむかっ(怒り)
ガキなんか相手にするかいパンチ

子供ってなんでもできる、手に入る、って思っているんだよねえ。
無邪気だ。

小学生の先生、って大変だなあ…たらーっ(汗)


P.S.
トオルにエリナ、写真がほしかったら連絡してくれい。
一枚30円で焼き増しですわよ。
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

12番「岩間寺」、13番「石山寺」

今日は大津に足を伸ばす。

もちろん移動手段は自転車


3条通りをぐおおおおとすすんで、
蹴上の辺りの山を越えて、
山科を越えて、
逢坂を越えて…。

坂をぬおおおおおっと下れば、あっという間に大津でするんるん

youkosoootu.jpg

家から三条大橋まで30分。
そこからさらに1時間ほどで大津に着きました手(チョキ)


さて、目的地の「石山寺」を地図で探す…。

おおう!まだまだ先やん!!


さらに自転車で石山寺駅へ移動(30分)

そこからすぐにお寺をはけーん!

isiyamadera1.jpg


拝観料500円…。御朱印代300円…。


お寺は広くていい感じでした。


setagawa.jpg

紫式部に挨拶を済ませ、もうひとつの霊場が近いので向かうことに。


俺「すいません、岩間寺ってどういくんですか?」
寺の人「この道を…(省略)。何で行くの?」
俺「自転車…
寺の人「(これが若さか…)。山を登るから大変だよ。」
俺「どのくらいの時間がかかりますかね?」
寺の人「車で10分ぐらいですよ」
俺「(なら自転車なら30分で行けるな)ありがとうございました。」




自転車で1時間かかりました…たらーっ(汗)

!!

坂がきつすぎて、自転車で上ること、あたわず。
手押しで上ること、はなはだしんどし。
汗、ほとばしること、限りなし。


山頂に到着。
すでに汗だく。疲労困憊。

俺「本堂…は…こちら…ですか…?」
おっさん「君は学生?」
俺「はい…大学生…です」
おっさん「(これが若さか…
     拝観料300円とるんだけど、自力で登ってきたからおまけしてあげるよ。」
俺「ありが…とうご…ざいます…」


iwamadera.jpg



朱印をもらってお参りして山を下る。

zekkei.jpg


自転車、ブレーキを常にかけていないとならないほどの急な坂。
現チャ並のスピードで、岩間山を私の自転車は駆け抜けました。


ootui.jpg
posted by たきを at 10:19| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

東寺→桃山御陵(お昼)→宇治(三室戸寺)→醍醐(上醍醐寺)

久しぶりにフリーな今日。

散々、行こうと思っていた西国三十三箇所巡礼にいく。
もちろん自転車でハートたち(複数ハート)

今日のターゲットは宇治三室戸寺

9時に出発。
日傘代わりに菅笠がほしいので、おそらく売ってあるであろう九条大宮の「東寺」を目指す。

kyoutotouzi.jpg


20分程度で到着。
気に入った菅笠はなかったけど、新しい出会いがありました。

やつの名は洛陽三十三箇所霊場参り


こいつは京都市内を中心に霊場があるので、圧倒的に手軽!
せっかくだから納経帳を購入!

ここから、また新しい旅が始まるのか…。

烏丸九条に、さっそく札所「城興寺」があったので、朱印をもらう。


ではでは宇治を目指して出発。
太陽が暑い…晴れ


momogo.jpg


10時40分、懐かしいものを目撃。
2年前に同志社の友達と飯を食べた「桃山御陵」に到着。

momogoeki.jpg


昔を偲んで(?)、そのときに行ったマックで早いお昼をファーストフード

チーズバーガーとコーラSで体力回復ひらめき
再び宇治を目指す。

uzi.jpg


11時13分、宇治市に到着!

uzinihairu.jpg



京都市とはやはり雰囲気が変わる。

田舎だあせあせ(飛び散る汗)

ま、静かで嫌いではないけど…。


国道を利用して、黄檗駅を越えて、山を越えて…。

11時38分。
到着しました!10番札所、三室戸寺

ええ、拝観料取るの?!しどい…たらーっ(汗)
紫陽花がきれいなお寺。
まったりしつつ、ついでに醍醐寺にも向かうことを決意。


fusimiku.jpg


12時43分、「醍醐寺」に到着!
案外近いな揺れるハート
さーて、納経場は…。

あ、あったあった。よろしくお願いします。

「ここは下醍醐寺だよ。」

え…??

「西国三十三箇所は上醍醐寺だよ」

何〜!!それはどこに??

「ここから山道を一時間ほど歩いたらあるよ」

山に登れ、と…。


想定の範囲外…。でもせっかくだから登山。
およそ2.2キロ。
立て札には50分とかいてあったけど、約30分で制覇手(チョキ)

13時36分到着。
しっかし、すんげー疲れた…たらーっ(汗)



さて、帰るか…。

kiro.jpg



4時15分、帰宅。
日焼けしまくった…。
posted by たきを at 20:52| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

祇園祭 宵山編「人ごみの“ごみ”はダストの意味です」

祇園祭でもっとも人が集まるであろう宵山。
幸か不幸か、今年は土曜日!

今年の祇園祭は激戦が予想されます!!


ということで、人が集まる前に朱印を集めよう!
32基のうち、28までのスタンプをあつめたので、残りを探して練り歩き。

「橋弁慶山」でラストを飾る!
いやー、がんばったぜ!



4時ごろ、徐々に人ごみが激しくなる…。
四条通りとか、まだ歩行者天国になってないから、本当に動けなくなった…。


仕方ないので、カラオケで時間をつぶして(1時間半)、バイト先で寿司を食べる。
すっかり夜も更けてきたので、八坂神社に向かう。

八坂神社も人ごみ…。
「石見神楽」の「大蛇」という劇をやっていたので、それを見ながら、絵馬などを購入。




江戸っ子の言葉に「宵越しの金は持たない」という言葉があります。
要するに、「金は天下の回り物だー!」といって使いまくって、夜明けには財布が空になるという江戸っ子の特質を表しています。


私の場合。
本日の持ち金、9000円。
帰ってから財布の中身、300円




「これが若さか…」



冷静に本日の資金運用について考えて見ます。

昼飯…690円(めしや丼)
夜飯…約1000円(寿司)

絵馬…500円(鯉山)
   200円(岩戸山)
   700円(八坂神社)

鉾拝観…1000円(函谷鉾)

朱印…500円(八坂)

カラオケ…330円(ジャンカラ)

ゲーセン…2500円(新京極らへん)



あああ…、所詮金は使うためにあるのね…がく〜(落胆した顔)
posted by たきを at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の駄文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。